三島由紀夫

三島由紀夫「金閣寺」

「古典が読みたい!」 ふとそんな気分になった、夜行バスで帰京後の早朝。 帰宅したのちに本棚をあらためて確認。 長年居座り続け、出番を今か今かとまちわびていたであろう 三島由紀夫「金閣寺」 を読むことに。 ページをめくり終えると、もっとはやく日の…